読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャンプの嗜好品の時間

キャンプには嗜好品がつきもの!!コーヒー、お酒(ビール・ワイン・日本酒・カクテル・ウィスキー・焼酎....)、おつまみ、スイーツ、お茶、ソフトドリンク.....など!キャンプを彩る様々な嗜好品や道具、関連することを楽しみながらお伝えできたらと思います。キャンプの役立つ情報や基本的なテクニックもお伝えします!

用途自在の万能グリル!!ユニセラTG-Ⅲの特徴7つ!!!

いろいろ使える万能グリル

 

 

前回の記事で焼き鳥を焼くときに役に立つユニセラ焼鳥台ユニセラTG-Ⅲの紹介を少ししました。

camp-shikouhin.hatenablog.com

 

ユニフレーム(UNIFLAME) ユニセラTG-Ⅲ  

 

 

ユニセラTG-Ⅲ! 実は焼鳥を焼く以外にも色々使える万能グリルなんです。

焼肉のような炭焼き料理はもちろん、炭火コンロとして様々な料理が調理可能です。

 

 

ユニセラTG-Ⅲの特徴

 

ユニセラTG-Ⅲは他の炭火バーベキューコンロと違う特徴がいろいろあります。

それではユニセラTG-Ⅲの特徴を見ていきましょう!!

 

 

特徴①素材がセラミックなので炭火と合わせて遠赤外線効果抜群!!

 

ユニセラのセラとはセラミックのことです!

陶器ですね!!

 

 

V字型に開いたステンレスのパネルの内側にセラミックのプレートが両サイドに装着でき、炭火の遠赤外線効果セラミックの遠赤外線効果ダブルパンチ!!

 

 

二つの遠赤外線効果で料理をおいしく仕上げます。

 

 

特徴②燃焼効率の高さ

 

V字型の構造で少ない量の炭で焼くことができ、V字の底から空気を取り込む(下から空気を取り込み上に抜けるチムニー効果のような!)ことにより燃焼力UP!!

 

 

また外側から熱伝導率の低い金属ステンレス⇨断熱空気層⇨遠赤外線効果の高いセラミックの三層外に熱を伝えにくく、効率よく内側の食材に熱を伝えることができる。

 

 

特徴③コンパクト

 

卓上で使用することを想定して設計されているので使用時もコンパクト!!

 

 

かなり小さく感じますが焼肉屋さんで使われる網のサイズとほぼ同じくらいです!!

なので4人くらいで使ってもしっかり食材を乗せて焼くことができます。

 

 

収納時はA4用紙サイズに小さくたためるので別売りの収納袋・ユニセラケースに入れるとコンパクトで持ち運びも楽チン!!

 

ユニフレーム(UNIFLAME) ユニセラ ケース  

 

特徴④お手入れがしやすい!!

 

ユニセラTG-ⅢはV字のプレートを外して2つに分解することができるのでキャンプ場の洗い場や家庭のシンクで洗うことができて、楽にお手入れができます。

 

 

ステンレス製なので水で洗っても問題なし!!セラミックプレートももちろん水洗いOK!!中性洗剤も使ってしっかり脂を落とすことができます。

 

 

特徴⑤大きいサイズと小さいサイズがある!!

 

ユニセラTG-ⅢミニユニセラTG-Ⅲロングがあります(どちらも限定品)。

 

 

 

UNIFLAME(ユニフレーム) ユニセラTG-Ⅲミニ  

 

 

ユニセラTG-Ⅲロング

 

 ユニセラTG-Ⅲミニ⇨ユニセラTG-Ⅲ(幅約31cm)の半分の長さ=幅約17cm

 ユニセラTG-Ⅲロング⇨ユニセラTG-Ⅲ(幅約31cm)の1.5倍の長さ=幅約47cm

 

 

セラミックプレートの数は

ユニセラTG-Ⅲミニが両サイド1枚づつ、

ユニセラTG-Ⅲが両サイド2枚づつ、

ユニセラTG-Ⅲロングが両サイド3枚づつになっています。

 

 

用途や使用人数に合わせて違うサイズを揃えることができます!

 

 

特徴⑥とにかく丈夫で長く使える!!

 

ユニセラTG-Ⅲはステンレス鋼で出来ているのでサビに強く、金属加工で有名な燕三条で生産されているのでとにかく作りがしかっりしていて丈夫!!

 

 

セラミックプレートは衝撃や長時間使用で割れることもありますが、替えのユニセラ用主壁セラミック(1枚)がバラ売りされているので安心!! 

 

  

UNIFLAME(ユニフレーム) ユニセラ用主壁セラミック  

 

 

 

特徴⑦色々なオプションパーツが出ているので調理の幅がかなり広がる!!

 

 

ユニセラTG-Ⅲはとにかくオプションパーツが充実しています。

 

 

前回の記事で紹介した焼鳥台もそうですがちょっとマニアックなものもあって、キャンプに合わせていろいろ揃えるのも楽しいですよ!!

 

 

次回はユニセラTG-Ⅲに装着することができるオプションパーツについて詳しく紹介していきます。↓

blog.camp-shikouhin.com