読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャンプの嗜好品の時間

キャンプには嗜好品がつきもの!!コーヒー、お酒(ビール・ワイン・日本酒・カクテル・ウィスキー・焼酎....)、おつまみ、スイーツ、お茶、ソフトドリンク.....など!キャンプを彩る様々な嗜好品や道具、関連することを楽しみながらお伝えできたらと思います。キャンプの役立つ情報や基本的なテクニックもお伝えします!

大人数のキャンプでBBQ!UFタフグリル鉄板300で焼きそば作り!!

あなたはキャンプで焼きそばを......

フライパンで作る派?それとも鉄板で作る派?

 

 

キャンプ場で焼きそばを作るとなると熱源によって使う調理器具が変わってきます。

バーナーがある場合はフライパンで調理することができるので簡単です。

 

 

バーナーを使ってフライパンで焼きそばを作る場合、はじめに麺を蒸し焼きにする時ひっつかないようにしっかり油を引きなおしてくださいね!

 

 

もしくはフッ素コーティングされたフライパンを使うと焼きそばの麺がひっつきにくくなり、ソースも焦げ付きにくくなります!!

 

 

フライパンで焼きそばを作るのもいいんですけど、夏にキャンプで焼きそば!と言ったら思い浮かべるのは鉄板で豪快に調理しているイメージじゃないでしょうか!?

 

 

大人数グループでキャンプに行ってビールを飲みながらBBQをする時、BBQコンロに鉄板を乗せて焼きそばを作ったら盛り上がるでしょうね!!

 

 

BBQコンロの上に乗せる鉄板の選び方についてポイントがあります。

 

 

ポイント①BBQコンロに合うものを選ぼう!!

 

鉄板は重量があって、とても高温になるので落下すると危険です。

キャンプメーカーの販売しているBBQコンロにあう正規の規格品を選ぶのがBestです!

 

 

ポイント②扱いやすいサイズのものを選ぼう!!

 

鉄板が大きすぎると、重くなるし、洗うのも大変です。できれば、適量の焼きそばが作れるような、BBQコンロの焼き網の半分くらいの面積の鉄板がいいと思います!!

 

 

ポイント③錆びにくいものを選ぼう!!

 

鉄板は一度全体が錆びてしまったら、錆びを落とすのは大変です。

錆びにくくするコーティング素材のものを選びましょう!!

 

 

そこで今回はユニフレームから出ている、

グーループでキャンプに行ってBBQの時に焼きそば調理に使える鉄板の紹介です。

 

 

他のメーカーのものを選ぶ際の基準にもなりますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

 

UFタフグリル鉄板300!!

 

 

UFタフグリル鉄板300はユニフレームのUFタフグリルSUS-600UFタフグリルSUS-900にはめることができます!

 

 

UFタフグリル鉄板300はBBQコンロの焼き網部分の全体ではなくて、UFタフグリルSUS-600の焼き網の半分900の1/3しか使いません!

 

 

グループでキャンプに行く場合でも屋台の焼きそばを作るような大きな面積の鉄板は必要ありませんよね!

 

 

UFタフグリル鉄板300は約27cm×約40cmなので数人分の焼きそばを作るのにちょうどよいサイズになっています。

 

 

そもそも、UFタフグリルで焼きそばを作る場合はBBQと一緒に楽しむと思うので焼きそばだけ大量に作ることは少ないと思います。

 

 

このUFタフグリル鉄板300は2.3mmの黒皮鉄板でできているので蓄熱性が高く、フッ素加工ではないので金属のヘラで豪快に焼きそばをかき混ぜてもOKです!!

 

 

また縁が約4cmあるので具材がこぼれにくい設計になっています。焼きそばはどうしてもヘラや菜箸で豪快に混ぜるので、こぼれがちですが縁に高さがあるので安心!!

 

 

焼きそばの他にもガーリックライスを作ったり、鉄板の海鮮焼きを作ったりできるのでBBQの幅が広がること間違いなしです!!

 

 

大勢でキャンプに行く予定のある方はBBQコンロに焼き網だけじゃなく鉄板も持って行くと、いろいろ料理の幅が広がるのでオススメですよ!!

 

 

グループキャンプのBBQで使えるUFタフグリル鉄板300の特徴でした!!

他のメーカーのBBQコンロ用鉄板を選ぶ際にも参考にしてみてください!

 

 

次回はもっと少人数(数人の友達同士や家族)のキャンプやソロでも使える、焼きそば作りに欠かせない鉄板のお話をします!