読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャンプの嗜好品の時間

キャンプには嗜好品がつきもの!!コーヒー、お酒(ビール・ワイン・日本酒・カクテル・ウィスキー・焼酎....)、おつまみ、スイーツ、お茶、ソフトドリンク.....など!キャンプを彩る様々な嗜好品や道具、関連することを楽しみながらお伝えできたらと思います。キャンプの役立つ情報や基本的なテクニックもお伝えします!

キャンプ場で紅茶を嗜む!ティーバッグを使った美味しい入れ方!

キャンプで簡単!テーパックティー

 

キャンプではコーヒーじゃなくて紅茶派の方もいると思いますが、そんな紅茶を手軽に楽しむ方法がティーバッグです。

 

 

ティーバッグだと小分けにして持って行きやすいし、お湯を注ぐだけで簡単に作れるのでキャンプで大活躍!

 

 

ティーバッグの入れ方、間違ってない!?

 

いつものティーバッグの入れ方じゃダメ!?

その入れ方じゃ本当に美味しい紅茶が飲めない!?

 

私は今まで間違った入れ方でティーバッグの紅茶を入れていました!

 

 

カップにティーバッグを入れて、そこにお湯を入れてなんとなく色がいい感じに紅茶っぽくなってくるまでティーバッグを激しく揺すりながら入れていたんです。

 

 

しかも、ティーバッグ1袋に対して2杯分とかを入れていた!(←ケチってました!)

 

 

でも私のこの入れ方は間違いです(これでは美味しく抽出できません!)

 

 

実はティーバッグの商品やHPにちゃんと美味しく紅茶を抽出する方法は書かれていたのですが......読んでいなかった!とても簡単なのに!

 

こちら↓はトワイニング紅茶の公式HPに掲載されていた紅茶の入れ方です。

www.twinings-tea.jp

 

ティーバッグで美味しく紅茶を入れるポイント

 

いろんなティーバッグメーカーのHPを確認したところ、どのメーカーもだいたい同じようなポイントを書かれていました!

 

とても簡単なのでポイントをまとめておきます。

ちょっとしたことで味がおいしくなるので試す価値あり!

 

分量を守る

 

まず根本的に私が間違えていたのは分量をしっかり守らないといけなかったということ!

 

 

基本は1袋=1杯で美味しく抽出できるように計量されて小分けにされています!

 

 

当たり前ですが、抽出したい分量のお湯に対してどれくらいの茶葉を使うかによって味が変わってきます!

 

 

コーヒーやリーフティーで入れるときはちゃんと計量していたのにティーバッグでは怠っていました!

 

 

使うお湯の量は厳密には書いていないHPもありましたが、紅茶用のカップに直接注ぐのであまり気にしなくてもいいのかもしれません。

 

 

リーフティー(茶葉)の入れ方と抽出の考え方は同じ

 

ティーバッグは簡単に紅茶を楽しむことができますが、実際は茶葉が袋の中にが入っているので基本的にはリーフティーで入れるときと同じです。

 

 

・汲みたての水道水を使う。

 

・カップを温めておく

 

・蒸らす

 

・抽出(蒸らし)時間を守る

 

・最後の一滴が一番美味しい

 

リーフティー(茶葉)の入れ方はこちら↓

blog.camp-shikouhin.com

 

ティーバッグを使って紅茶を入れるときの蒸らしは通常はティーカップと一緒にセットになっているソーサーをフタにして行います。

 

キャンプで蒸らす場合はマグカップやシャラカップの専用のフタがある場合はそれを使いましょう!

 

 

専用のフタがない場合はクッカーについているフタを代用して使います。

ぴったり密閉する必要はないです。ただ乗せるだけで十分蒸らせます

 

 

蒸らしの時間は大体1分くらいですが、茶葉によって美味しく抽出できる時間が異なるのでパッケージ記載の抽出時間通りでOKです。

 

 

最後の一滴がベストドロップと呼ばれて一番美味しいとされていますが、ティーバッグの場合ポットから注ぐわけではないのでどこが最後の一滴なのかわかりません!

 

 

なので必要時間蒸らしたら最後にティーバッグを軽く振ってお湯から取り出したら完成です。

 

 

このとき激しく降ったり押しつぶしたりすると余計な渋みが出る原因になるので、静かに軽く数回降るだけで大丈夫です。

 

 

テイーバッグの抽出手順

 

ざっくりポイントを見てきましたが、それを踏まえてティーバッグを使った紅茶の入れ方の手順を見ていきましょう。

 

1杯分を抽出

 

・水道水から勢いよくケトルに水を注ぐ。

 

・お湯を沸かしてカップにお湯を注いで温めておく。

 

・お湯がボコボコと100℃近くになるまで完全に沸騰したら、カップに入れたお湯を捨て、ティーバッグ1袋を入れスタンバイ。

 

・ティーバッグが浮かび上がらないようにカップのふちからお湯をゆっくりとつたわせながら注ぐ。

 

・カップにフタをかぶせて、パッケージに書かれた時間通りに蒸らす。

 

・蒸らし終わったら、ティーバッグを軽く数回振ってゆっくりお湯から取り出す。

 

 

正しい入れ方で美味しく入れたティーバッグの紅茶は格別!

 

 いつものティーバッグが本格的な香り高い紅茶になるのでやらない手はありません!

(多くの人はこのちゃんとしたやり方で入れているのかも...)

 

 

何より簡単に紅茶の味が格段に上がるのですから、これからはちゃんとこのやり方を守って入れたいと思います。

 

 

ティーバッグはキャンプに持って行きやすい手軽な嗜好品なので、ティーバッグの味がより美味しくなれば、いつものキャンプがさらにグレードアップします。

 

 

今度、ぜひ紅茶を美味しく入れてゆっくりキャンプ場で過ごしたいものです。