読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャンプの嗜好品の時間

キャンプには嗜好品がつきもの!!コーヒー、お酒(ビール・ワイン・日本酒・カクテル・ウィスキー・焼酎....)、おつまみ、スイーツ、お茶、ソフトドリンク.....など!キャンプを彩る様々な嗜好品や道具、関連することを楽しみながらお伝えできたらと思います。キャンプの役立つ情報や基本的なテクニックもお伝えします!

今年(2016)の夏は猛暑到来!?暑さに備えてキャンプ場で遊びつくそう!夏の熱中症対策!!

なぜ人は暑い夏にキャンプに行きたがるのだろう....?

 

 

梅雨が続き鬱陶しいですが、暑さもきつい.....

 

 

特に野外でキャンプをするには暑くて大変です。

それなのに夏のキャンプ場は人でごった返していますよね!

 

 

一つは子供達の夏休みがあるので家族連れが増えるというのがありますし、海や川があるキャンプ場は水遊びが目的という場合もあります。

 

 

また高原のキャンプ場は夏でも比較的涼しいので避暑的な意味合いもありますよね!

 

 

兎にも角にも人は気温が上がって太陽が元気いっぱいな季節になると野外で遊びたくなるみたいです。

 

 

しかし、夏は太陽からの紫外線が強くなって気温も高くなるので様々な対策が欠かせません!

 

 

特に熱中症は生命にかかわることもあるので、長時間野外で過ごす場合は対策が必要です。

 

 

ではどのような対策を取ればいいのでしょうか?

 

 

 

暑い日にキャンプをするときの熱中症対策について具体的に見ていきましょう!

 

 

キャンプ場に出かける前の対策

 

 

・気温をチェックしましょう!

 

 

特に場所によって気温が高くなる地域があるので、遊びに行くキャンプ場の最高気温の予報をチェックしておきましょう!

 

 

最高気温があまりに高い予報がされていたら、外で遊ぶのは控えた方がいいかもしれません!

 

 

・体調のチェックをしましょう!

 

 

仕事で寝不足が続いていたり、夏バテで体がだるい時に無理してキャンプに出かけると体調が悪化してしまいます。

 

 

キャンプに行くのを楽しみにしているので無理してでも行きたい気持ちはわかりますが、キャンプ場で熱中症になってしまったら台無しです。

 

 

特に子供を連れていくときは体調面をしっかり見てあげましょう!

 

 

・熱中症になった時の応急処置を方法を事前に知っておこう!

 

 

これを知っているのと知っていないのでは熱中症になった時の危険度が全然変わってきます。

 

 

事前に熱中症に関する正しい知識を知っていることは自分だけでなく一緒にキャンプで楽しい時間を過ごす仲間や家族を救うことになります。

 

 

熱中症の応急処置の詳しい情報は環境省熱中症予防情報サイトでチェックできるので確認しておきましょう!

 

 

危険な地域を色別で表示している暑さ指数などもリアルタイムで見れますのでスマホで常時確認することをお勧めします。(メールで配信してくれるサービスもあります。)

 

 

・直射日光を避ける道具を用意しよう!

 

 

直射日光を浴びると太陽からの輻射熱で人間の体が発熱するので実際の気温よりも暑くなってしまいます。

 

 

なのでタープや帽子などを用意して日陰を人工的に作り出して直射日光を避けましょう!

 

 

 

 

 ・体温調整できる服装を用意しよう!

 

 

野外で体温を調整するのは主に汗です。しかし汗をかきすぎたりすると服が濡れて通気が悪くなり体温調整がうまくいきません。

 

 

汗は体から蒸発して乾いてなくなる時に体から熱を奪ってくれます。(汗で身体や服が濡れた状態が続くと体温が汗に移って余計に暑くなります)

 

 

なので汗を素早く吸収して乾かしてくれる、吸水速乾記事のアンダーウェアをシャツの下に一枚着ておくと良いでしょう!

 

 

また上に着るシャツの素材も通気性の良い生地を選ぶことをお勧めします。

 

 

 

キャンプ場での対策

 

 

水分補給をこまめに行いましょう!

 

 

暑いと体の水分が急速に汗として失われていきます。

なので喉が乾く前に定期的に水分を摂るようにしましょう。

 

 

夏のキャンプ場で遊ぶ時は水筒持参は基本ですね!

暑い日は雑菌が繁殖しやすいので氷の入る保冷力のあるボトルを選びましょう!

 

 

 ・塩分補給も大切!

 

 

水分と同じように汗をかくと塩分も不足しがちです。

取りすぎは良くありませんが料理やお菓子などから適量摂取しましょう!

 

 

・こまめに休憩しよう!

 

 

遊びに夢中になってしまうとついつい時間を忘れて没頭してしまいますが、キャンプのアクティビティをしている間に定期的な休憩時間を作って体をしっかり休めましょう!

 

 

体力を消耗しすぎると元気だったのに急に熱中症になってしまったりします。

休憩中はタープや木陰の下で水分を補給して体をクールダウンさせましょう!

 

 

テントの中の対策(夜寝てる間の熱中症対策)

 

 

・メッシュ素材のテントを使おう!

 

 

テントの中は気密性が高いので熱がこもってしまします。

メッシュの窓が付いているテントは全開にして通気を確保しましょう!

 

 

場合によっては全面がメッシュになっているテントもあるので夏にキャンプをする時はそれを持っていきましょう!

 

 

 

・寝袋と一緒にインナーシーツを使おう! 

 

 

夏のキャンプ場でも夜は冷え込むことがあるので寝袋は必要ですが、人間は夜寝ている間にたくさん汗をかきます。

 

 

特に暑い夏は汗を多く描くので寝袋の内側にインナーシーツを入れて寝ると快適に眠ることができます。(暑い時はシーツだけで寝ることも)

 

 

夜、寝付けないと睡眠不足で翌日熱中症にかかるリスクが高まるので、不快感を覚えるような寝汗をシーツで吸い取って快適に眠れるようにしましょう!

 

 

・冷感グッズを使おう!

 

 

暑すぎてなかなか寝付けない時は冷感グッズを使って快眠をえましょう!

 

 

冷却シートや送風機を使えばテントの中が快適になるはずです!

 

 

 

もうすぐ本格的に気温が暑くなります。

特に今年は例年以上に猛暑になることが予想されます。

 

 

夏野外で遊ぶことはとても楽しいし、素敵な思い出がたくさんできることでしょう!

 

 

しかし、熱中症で倒れたりしたらせっかくの夏の思い出が台無しになってしまいます。

熱中症にはくれぐれも注意してアウトドアライフを楽しみましょう!!

 

 

備えあれば憂いなしです!!