読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャンプの嗜好品の時間

キャンプには嗜好品がつきもの!!コーヒー、お酒(ビール・ワイン・日本酒・カクテル・ウィスキー・焼酎....)、おつまみ、スイーツ、お茶、ソフトドリンク.....など!キャンプを彩る様々な嗜好品や道具、関連することを楽しみながらお伝えできたらと思います。キャンプの役立つ情報や基本的なテクニックもお伝えします!

おしゃれなパンケーキ!!ちょうどいいサイズを焼くのに適したフライパンは?

こんにちは。

 

 

寒波到来で暖房機器がフル稼働ですね。

 

 

なんと遠く亜熱帯の台湾では雪が降ったそうです。

 

 

台湾では珍しい雪を見るために見物客が殺到したのだとか......。

 

 

珍しいものに対する好奇心は万国共通ですね。

 

 

そんな私もなんのためにキャンプをしにいくかというと、好奇心!!

 

 

もちろん、最近は道具の使いかったやキャンプでの過ごし方も慣れてパターンが決まってきましたけど、それでもやってみたいことは頭の中にたくさんありますし、欲しいもの(物欲)もたくさん.....。

 

 

時間とお金が許す限りいろんなことに挑戦していきたいです!

 

 

これからも、興味の赴くままにキャンプのスタイルが変化していくのだと思います。

 

 

今日は以前紹介した生ハチミツを他にもキャンプで使えないかと考え、定番ですがパンケーキ(ホットケーキ)を紹介します。

 

 

パンケーキって実はキャンプでよく食べられている定番のおやつなんですよ。

 

 

朝食にもできますし、おやつにも大人気ですから...。

快眠を得るため夕食後のデザートに食べるのもいいかもしれませんね!

 

 

パンケーキは簡単に作ろうと思えば、基本的な材料はスーパーで買えるホットケーキミックスと卵と水と生ハチミツを持っていくだけ!

 

 

作り方もホットケーキミックスのパッケージに書かれている通りの手順で作れば問題ありません。(適当な紹介ですみません)

 

 

ただキャンプでたくさんの量を作る場合、できたらガスバーナーやガソリンバーナーのような火力が安定してトロ火が可能な器具を使うことをお勧めします。

 

 

炭の上や焚き火で焼こうとすると火力が強すぎたり火が一定の火力を保てないので結構難しいです(上級者向き)。

もし、焚き火や炭の上で調理しようと思ったら、熱伝導率が悪く保温力が高い鋳鉄製のスキレットダッチオーブンでの調理をお勧めします。

 

 

バーナーで料理する場合は、フライパンを使うのですが表面がこげつきにくいフッ素加工が施されたフライパンを使うと焦げ付かずスムーズに調理が行えますよ。

 

 

でも実際はどんなフライパンでも油を引けばそんなに問題ないと思います。

 

 

サイズ的に便利なのがユニフレームのちびパン!!

 

 

ちびパンは一人用の料理を作る時(おつまみ系)なんかは特に重宝しています。

 

 

料理を作ってそのままお皿としても使っても邪魔にならないサイズですし、料理が冷めたらそのまま火にかけて温めなおせるのでかなり使えます。

 

 

そのちびパン、パッケージの写真にもパンケーキが載せられているようにパンケーキを作るのにジャストサイズ!!

 

 

おしゃれなカフェで出てくるようないいサイズで作れるんです。

 

 

鋳鉄型のスキレットの場合、ロッジの6-1/2インチスキレットがサイズ的にいいと思います。

 

 

ただし、鋳鉄製は重たくて熱伝導率が悪いのでパンケーキを作るのに適しているのは、やはりちびパンの方です。

 

 

保温力が欲しい料理(アヒージョなど)を作る時はロッジのスキレットはかなり使えるのですが.....。

 

 

それぞれに良さはあるのですが、ちびパンもスキレットも使う前にシーズニングという作業が必要なのでお忘れなく!!

 

 

シーズニングの方法は今度の記事で紹介します。

 

 

話を戻しますが、焼きあがったパンケーキにたっぷり生ハチミツをかければ完成!....なのですが、

 

 

パンケーキのいいところはアレンジが自由自在!!

 

 

私は完成したパンケーキに生ハチミツをたっぷりかけた上からベリーソースをかけます。

これは最強の組み合わせ!!

 

 

甘酸っぱくて、飽きがこない!!

 

 

そしてベリーソースも作り方はとっても簡単です。

 

 

次回の記事ではベリーソースの作り方とパンケーキに相性抜群のロイヤルミルクティーを紹介します。