読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャンプの嗜好品の時間

キャンプには嗜好品がつきもの!!コーヒー、お酒(ビール・ワイン・日本酒・カクテル・ウィスキー・焼酎....)、おつまみ、スイーツ、お茶、ソフトドリンク.....など!キャンプを彩る様々な嗜好品や道具、関連することを楽しみながらお伝えできたらと思います。キャンプの役立つ情報や基本的なテクニックもお伝えします!

キャンプでのおでん事情!コンビニおでんは冬のキャンプで最高のおつまみに!

これからの季節のキャンプはおでん!

  

おでんはこれからの寒いの季節体を温めてくれておつまみとしても、キャンプにはもってこいです。

 

 

屋台でおでんをつつきながら日本酒!...みたいな情緒を感じれて、しみじみ過ごす寒い時期のキャンプってなんかいいですよね!

 

 

鍋料理であるおでんは、仲間同士で行くキャンプの場合、みんなでつつくので会話が弾みますよね!

 

 

ソロキャンでも一人分の小さな鍋で好きな食材を選んで作れるのでおでんはありがたい!

 

 

おでんは寒い季節のおつまみとして冬のキャンプ場でひときは存在感を増してきます!

 

 

キャンプ場でおでんを作ったことがない!

 

実は私、おでんをちゃんとキャンプで作ったことがありません

冬になるとよくキャンプ場でおでんをつつきながらお酒を飲むんですが.....

 

 

では、どうしているか?というと........

 

 

コンビニで買ってくるんですよ!

 

 

コンビニで好きなおでんを買ってキャンプに持って行き、それをそのままクッカーで温めてキャンプ場で食べています。

 

 

キャンプ場でおでんを作るのを避ける理由

 

 

キャンプ場でおでんを作ったことがない私ですが、理由がちゃんとあります。

 

 

面倒臭い

 

これが一番の理由です。

 

 

コンビニのおでんはもう完成していますし、寒い時期に食材を洗ったり、切ったり、串に刺したりという手間を一気に省けます。

 

 

 寒くなってきたら焚き火の前でじっとしていたい!!

楽をさせてくれ!!

 

 

食べごろまでに時間がかかる

 

なんだかんだ言っておでんを初めから作ろうとすると、時間がかかります。

 

 

おでんは食材に汁の味を染み込ませて味を楽しむ鍋料理です。味がしっかり染み込んでいればいるほど美味しいです。

 

 

当然、味が染み込むまでに時間がかかります。材料を仕込むことはキャンプに行く前に家でもできますが、それでも煮込み始めて味が染み込むまで時間を要します。

 

 

おでん以外の鍋料理は比較的すぐに食べることができるので、キャンプでよく作ります。(食材は家で切ったりしていくことが多いいです。)

すき焼きとかキムチ鍋とかしゃぶしゃぶとか....

 

 

ソロキャンだと材料が余る

 

大勢でキャンプをする場合は材料を使い切ることができるのでいいのですが、ソロキャンプやデュオキャンプだと材料が確実に余ります

 

 

大根とか絶対おでんで外せないですけど、1本はおろか半分もいらないですからね!

 

 

 

コンビニのおでんのクオリティー

 

いろいろキャンプ場でおでんを作らない理由を並べましたが、なんだかんだコンビニおでんが好きなんです。

 

 

というか、おでん屋さん(専門店)のおでんを除いては、コンビニのおでんは最高峰の美味しさです!

 

 

味の好みは人それぞれですが、とにかくコンビニのおでんは美味しい!

 

 

食材にしっかり味が染み込んでいて、スープの味もだしがよく効いていてかなりのクオリティーですよ!

 

 

地域によっていろいろ味が違ったりするみたいですし、キャンプ場の近くのコンビニでおでんを買ってから、キャンプをするのはこれからの冬の季節オススメです。

 

 

コンビニで買ったおでんをキャンプ場で楽しむ

 

 

コンビニのおでんはもちろんキャンプ場に持っていくことができます。

 

 

コンビニの店員さんにツユを多めにしてもらったり(つゆだけ別容器でもらったり)、フタをテープでとめる箇所を多めにしてもらったりしましょう!

 

 

もちろんキャンプ場ではおでんはすぐに冷めてしまうので、クッカーと熱源を使って温めましょう!

 

 

調理というよりもおでんを温めなおすのが目的なので、アルコールバーナーや固形燃料のような簡易的な熱源で十分です。

 

 

私はストームクッカーSを使ってアルコールバーナーの火力調節の弁を若干閉じて温めています。

 

トランギア ストームクッカー レッドリミテッドエディション S   

 

 

ソロキャンだとストームクッカーSの1ℓのソースパンで十分ですし、入りきらなかったら後で追加しながら温めればいいだけです!

 

 

多くのキャンパーさんがおでんを楽しむのに愛用しているユニセラTG-Ⅲも食材を分ける仕切りがあるのでおでんを具材別に分けたい場合便利です。

 

ユニセラのおでん用オプションパーツの記事はこちら↓

blog.camp-shikouhin.com

 

 

 

キャンプでのおでんの楽しみ方は人それぞれ 

 

もちろん一からおでんをキャンプで作ったらかなり楽しいと思いますし、美味しいでしょう!

 

 

でも、コンビニのおでんで簡単に済ませるのも楽でいいですよ!

 

 

ちょっとキャンプ場で焚き火にあたりながら晩酌したい時にコンビニのおでんがあると最高!

 

 

ぜひキャンプで、特にソロキャンの時に取り入れてみてはいかがでしょうか!?

 

 

次回はコンビニおでんのアレンジメニューについてです↓

blog.camp-shikouhin.com